こんにちは。上原です。

このオンラインマニュアルは、DRTを極めるうえでなくてはならない指標
12種類学べます。たとえば顎関節症や頸椎ヘルニアなどの患者様がこられたとき指標をどう取るか?ということです。三大指標は必ずやっていただくのですがそれ以外 にも顎関節なら顎関節の指標があったほうが患者様に治療の価値を伝えやすいですよね?

さらに指標の見方から、効果的なリコイルの方法、そしてあらゆる症状の患者様に対するセルフケア指導の方法も私が院でいつも患者様に指導をして 喜んで頂いているそのままの方法を皆様に伝授いたします。これだけでも驚くほどの効果がでると思います。たとえば重度の外反母趾や膝痛等のセルフケア指導を患者様にお伝えすることができたら それは治療以上の価値があるとおもいませんか?それらも含めこのオンラインマニュアルでは症状に合わせてお伝えさせていただきます。

DRTの効果は一度使って頂ければ手に取るように分かっていただけたかと思いますが 実はこれからが本番です。

先生方はDRTを今知ったばかりです。これからDRTの奥深さ、凄味がわかっていただければと思います。 DRTを使い始めると様々な疑問が出てきてそれを1つずつクリアしていくことが非常に楽しいものとなります。

私がリアルで自分の治療院でDRTの勉強会を開いていたとき、月一回の仕事が終わった夜7時からの2時間、弟子達に教えていくのが最大の楽しみでした。

もちろんそれと同じことを日本中の先生方と定期的にやるのは無理だと思っています。
しかしオンラインマニュアルがあれば日本中どこにいてもそれに近いことができます。

DRTを極めたいのであれば、DVDだけでももちろんある程度の成果はでると思います。しかしもっと深めたほうが面白いに決まっています。 その入口として、このDRTオンラインマニュアルで腕を磨いていただきたいと思います。

DRTは最初は誰でも簡単に出来ます。しかし、やり始めるとわかるのですが様々な患者様の症状の壁にぶち当たります。深く追求すればしただけ答えを与えてくれるのがDRTです。

過去30年以上の実績が私の肉体には染み付いております。それが、ここぞとばかりに飛び出してくるオンラインマニュアルです。 必ずこのマニュアルはDRTの可能性を広め手に取られた先生方に喜んで頂けるはずです。



このオンラインマニュアルを学ばれている先生に朗報がございます。それは上原先生から手取り足取り指導を受けることが出来る DRT認定インストラクターセミナーがあります。 この認定インストラクターセミナーは2日間の開催となっており、終了するとDRTインストラクター資格が得られるようになります。 1日8時間×2回をみっちりやります。

この方法で先生がもし望むならインストラクター資格を持っていますと言えるほどのレベルに先生を育て上げることが出来ます。 こうしてオンラインとリアルで行われるDRT認定セミナーの両方でDRTのプロフェッショナルになることができます。

この認定証はインストラクターセミナーにご参加された先生だけがゲットすることが出来ます。それはつまり上原先生が自信を持って患者様をご紹介できる
DRTテクニックを持っていると認定したレベルの優れた先生という証明です。

  

DRTを学び続けていくことで各先生方が臨床の中で様々な発見をすることがあります。

私は約30年間、約13万人患者様の主訴をかなり詳しくチェックした蓄積された情報が私の体の
中には詰まっております。皆様が、これから来るであろう壁と言われるものも、既に私は体験済みのはずです。

私が、体験していない事は皆様とご一緒に研究できればと思います。それらをこうした研究発表会でご披露頂ければ、さらにDRTは進歩発展出来ると思っております。できれば12月に東京に集まって開催できればと思います。今から、楽しみでしょうがありません。

参加者全員がフェイスブックで繋がることが出来ます。

これによって同地域の先生同士で勉強会を開いたり10人以上集めて上原先生に勉強会に来てもらうなど様々は活動ができるようになります。

またDRTを使っての施術結果報告をして盛り上げていけると良いですね。

注意:こちらのコミュニティーは会員さんむけのもので、事務局が連絡事項などを掲載することはありますが上原先生が直接サポートしたりすることは基本的にはありません。

もう1人で悩む必要ありません。安心して技術を磨き続けられます。
→DRTを使った施術で壁にぶち当たっても相談できる場所があるので1人で悩むことなくテクニックを身に着けていくことが出来ます。
やる気次第で誰よりも早くスキルを上げることが出来ます。
→手技セミナーが低価格で参加できますし、オンラインマニュアルで常に技術を培うことができるのでリアルの手技セミナーでは初心者向けではなくアドバンススキルを誰よりも早く身につけることができます。
東京は遠いから無理・・と諦める必要はなくなります。
→北は北海道から南は沖縄まで場所に関係なく常にDRTの最新の情報を得られるので恵まれた環境を手に入れられます。
一緒に技術を磨く切磋琢磨する仲間が得られます。
→DRTを学ぶ仲間たちとつながりができるので、同じ地域の仲間と繋がって自主勉強会も開くことも出来ます。あなた次第で活動の場はドンドン広がっていきます。
DRTを知らない治療家達にあなたが教える事も夢ではありません。
→DRTインストラクター制度で認められるとDRT認定講師として自由に手技セミナーを開催することが出来ます。
自分の施術に自信が持てて治療家として幸せな人生を歩めます。
→DRTを学び続けることで上原先生のようにどんな患者さんも助けることができる手技力がドンドンついていきます。
治療院の売上もアップします。
→上原流月商300万経営学の深い部分についてもオンライン塾では扱います。時短・集客・継続治療など売り上げを上げるためのマーケティングノウハウも身に着けていくことが出来ます。

重要なことを言います。

この12回のテーマからなるDRTの指導は宝の山です。

私から発せられる情報の価値に早く気が付いて頂きたいと思います。

先にも説明していますが、このDRTオンラインマニュアル12回からなる私の臨床経験からくるさまざまな指標、そして運動療法など過去誰も知らなかった 本当に治療に使える内容を先生に公開しています。

公開されている映像については質問解答映像まで見ることができます。それでも分からない場合は質問過去ログというページもご用意しております。 それでも分からない場合には質問いただけます。

テクニックがメインですが、患者様への継続教育の対応なども例として随時話しています。

このオンラインマニュアルの価格ですが、正直申しまして今振り返ってみても50万円は頂いても良いほどの価値ある内容だと思っています。なぜなら既にオンライン講座に参加されている 先生方が素晴らしい結果を次々と報告されているからです。

インストラクター養成講座への参加権も得られます。先にお見せしている参加された先生の感想はご覧いただけたと思います。

どこに行っても治らない難しい症状も、たった1回で楽にしてあげられ患者さんが涙を流された、という例は計り知れません。そのうえその患者様からの 信頼を得て、新規の患者さんを6人も紹介していただいたと言っている先生もおります。

想像してみてください。そうした出来事が次々に起こってくれば先生の治療院経営はほっておいても患者さんが集まってくるでしょう。 そこから得られる金額を考えてみてください。

もちろん先にお見せした映像の声は、インストラクター養成に参加された先生の声です。私はできればDRTの可能性を感じ取っていただいている先生には 皆さんに参加していただきたいと思っています。

そうすればどんなことが起こると思いますか。このオンライン塾に参加しておけば常に私からの最新情報が手に入り 直接指導も受けることができるのです。

こういった理由から、このオンラインマニュアルの1テーマの費用は、私が考えるに5万円以上の価値があると自信を持って言えます。

しかし、私の目的は少しでも多くDRTのDVDを購入いただいた日本中の先生方に、経済的負担が少しでもかからないようにして継続して腕をあげていただくことです。

ですから、1講座の費用は5000円、12講座合計で6万円と決めました。

うつ伏せが出来ない患者さんの
横向きでのアジャスト動画

うつ伏せになれない患者さんへの横向き施術の方法を動画で詳しく説明しています。

DVD購入の頂いた先生から一番多かった質問にあった 横向きの施術はどうやってやったらいいのか?
について骨模型をつかって分かりやすく動画解説しています。

※ご決済の確認がとれ次第、DRT治療革命オンラインマニュアルの会員ページと閲覧用のIDとパスワードを御案内  致します。そのページにて特典動画をご覧いただけます。

ぎっくり腰患者さんへの
施術説明動画

2番目に質問が多かったのがぎっくり腰の患者さんへの施術についてでした。

この動画では上原先生が同ぎっくり腰患者さんにどのように対応しているかを座学形式で説明しています。

この動画を見ることでDRTを使った急性症状特に
ぎっくり腰患者さんへの施術の目安がわかります。

※ご決済の確認がとれ次第、DRT治療革命オンラインマニュアルの会員ページと閲覧用のIDとパスワードを御案内  致します。そのページにて特典動画をご覧いただけます。

以下のフォームにご記入ください。

上原宏の「DRTオンライン手技塾」お申込みフォーム
必須 項目はすべてご記入ください。

治療院名
お名前
ふりがな
郵便番号
住所
建物名
電話番号
メールアドレス
*半角英数
お支払い方法

お申し込み確認メールはお申し込み後すぐに返信されます。
もしもメールが届かない場合は迷惑フォルダ内の確認もお願い致します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このDRTオンラインマニュアルはこれからDRTを学ぶ先生には必須科目となっております。いつでもオンラインなので見直せますから スマホでもみれるのでいつでもアクセスできるようにして御使いいただきたいと思います。 DRTを一年前から学ばれている先生方はこのオンラインマニュアルがあったから凄くDRTで効果が出せるようになったとおっしゃっています。

DRTの治療効果は底なし沼です。はっきりいいますが私はSOTもTSラインもクラニアルもハーモニックも全て学んでおります。 そうした中で私がいきついたのがDRTでした。DRTにはSOTやクラニアルといった脳脊髄液を流すという効果のすべてが網羅されているのです。

ですから効果が高いのです。

今や先生方が、簡単に私同様の効果を出せるようになっております。 認定セミナーやアドバンスセミナーではこれ以上充実した実技セミナーは出たことがないという嬉しいご報告もあります。

私が過去に予想した以上にDRTの広まる進歩は速いと思います。 それは、予想以上にDRTをお使いの先生方の進歩が速いからです。

凄く嬉しいしとても楽しいです。 53年以上生きてきておりますが、今が人生一番幸せです。

まずは先生、オンラインマニュアルでDRTの基本を学んで下さい。そしてセミナーに来てください。 お逢いできるのを楽しみにしています。

以下のフォームにご記入ください。

上原宏の「DRTオンライン手技塾」お申込みフォーム
必須 項目はすべてご記入ください。

治療院名
お名前
ふりがな
郵便番号
住所
建物名
電話番号
メールアドレス
*半角英数
お支払い方法

お申し込み確認メールはお申し込み後すぐに返信されます。
もしもメールが届かない場合は迷惑フォルダ内の確認もお願い致します。

【質問】
パソコンは持っていないのですがスマートフォンでも可能でしょうか?

【答え】
スマートフォンでの動画の閲覧はお手持ちのスマートフォンでyoutube動画が閲覧できれば可能でございます。こちらのオンラインマニュアルの募集サイトの最初にある動画を見る事ができれば問題ございません。
※もし音声が聞き取りずらい場合はイヤホンのご使用をお薦めしております。

さらに、スマートホンの場合はもう一点注意がございます。

それは、オンライン塾のサービス内容の1つ、「自分の施術を撮影した動画を送って上原先生に指導してもらう」というサービスについてです。

このサービスは動画を送るという作業が必要なのでお手持ちのスマートホンの機種によってその動作が異なります。そのため必ずお手持ちのスマートフォンで以下の項目をお試しいただけますようお願い致します。

1. 5分ほどの動画を御手持ちのスマートホンで撮影する。

2.以下のサイトを参考にyoutubeへ動画のアップロードができるかをお試しください。

▼スマートフォンからYouTubeに動画をアップロードする方法(動画) http://www.youtube.com/watch?v=tw82nB11t6U

▼AndroidからYouTubeに動画をアップロードする方法(参考サイト) http://android.f-tools.net/Q-and-A/YouTube-Upload.html

▼iPhoneで撮影した動画をYouTubeへアップロードする方法(参考サイト) http://iphone.f-tools.net/QandA/Move-YouTube-upload.html

上記の方法でスマートホンを使ってyoutubeへのアップロードが出来ましたら、このサービスを受ける事が可能となります。

ただし上記の動作が出来ない、もしくは難しいという場合は”動画を送って指導してもらう”というサービスは御使い頂けません。その場合は動画ではなく写真を利用してこのサービスを利用していただく形になります。入会後お手持ちのスマートフォンによる不具合については保証できかねます。

必ず事前にお試しの上、ご自身の責任のもとこのオンライン塾をご利用頂けますようお願い申し上げます。

以下のフォームにご記入ください。

上原宏の「DRTオンライン手技塾」お申込みフォーム
必須 項目はすべてご記入ください。

治療院名
お名前(姓)
ふりがな
郵便番号
住所
建物名
電話番号
メールアドレス
*半角英数
お支払い方法

お申し込み確認メールはお申し込み後すぐに返信されます。
もしもメールが届かない場合は迷惑フォルダ内の確認もお願い致します。